毎年、多くの高校生のみなさんが料理人やパティシエを目指して直接就職したり、専門学校へ進学しています。
しかし、現場で若いスタッフが長年仕事に留まるケースは多くありません。
業界や現場からみなさんへ伝えたい事は「職業を理解して欲しい」と言う事です。
現場には学校や教室では「憶えられないこと」や「伝えられないこと」が沢山あります。
そもそも、料理人、お菓子屋さん、パン屋さんは大昔からある職業です。
そして、その仕事に従事している人達はサラリーマンやOLではなく「職人さん」です。
当然、その時代には学校などありません。
高校生のみなさんが進路を選択する時には、この点を理解する必要があるでしょう。
美味しい料理やお菓子を作れるのだけでは「職人」とは言わないのです。
スピリッツオブマイスターの育成システムは昔のやり方に近い方法ですが、料理やお菓子の仕事を目指している人には「最短で最適な」環境であり、最初からみなさんの技術を求めることもありません。

研修風景

スピリッツオブマイスターを目指す高校生のみなさんが徐々に増えてきています。
その理由は、学費の安さに加え、「実践の中で研修できること」、「有名なお店やホテルに就職できること」が大半です。
そして、同時にスピリッツオブマイスターが一般的な調理や製菓の専門学校より厳しい内容であることも認識しているのが、入学する生徒の特徴です。